上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、学生時代の友人達と花見をしました
そこで海外旅行の話が出まして、
去年、暇人君からもらったベトナム土産の存在を思い出しました

えっと…ガサゴソガサゴソ
確か机の上にあったはず…



おっ!これこれ
ん~っと、確かお茶って言ってたよな…

ハッ( д)゜゜

2006_04030030.jpg

何首鳥茶って…(||゚Д゚)ヒィィィ!(゚Д゚||)
こっちが何の鳥の首なのか知りたいわい

恐ろしかったのでネットで下調べ
名前の由来発見

昔、何首烏という人がいましたが、
生来性器が弱くその機能を欠いていました。
58歳になっても妻子なく、
なんとか1人前になりたくて山中で修道していたところ
フト目の前にある2株の藤が目に入り、
三尺も離れているツルが絡みあっては離れ、
離れてはまた絡んでいるのをみて
ヒントを得て1年飲み続けたところ
この男の生殖機能が回復したところから
何首烏と名づけられました。

生殖機能が回復しても妻がいないんじゃ…(ボソッ

とりあえず、彼氏はいないが精力つけとけってことですかね
暇人君ヒドス…(#^ω^)ビキンビキン

でもね、最初にもっとすごい効能が書いてあったヨ(・´ω`・)



はげ頭で悩んでいる方にお勧め!



暇人君ヒドス…(#^ω^)ビッキビッキ
確かに私は暇人君のように2323ではないですよ…(#^ω^)

まま、とりあえず重要なのは味よ、味!

          ∧ ∧
ズサ━━━━⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡━━━━!!
2006_04030031.jpg

ティーバッグかと思いきや、まさかの粉末。
何か怪しげな物体が紛れ込んでます…
お湯を注ぐと、あら不思議

2006_04030034.jpg

泥水…・・・じゃなくてツルドクダミ茶のできあがり~
黒糖っぽい香りがします。
意を決してひとくち、ゴクリ

ん…?んんん?!
ほのかに甘くて、味もやっぱり黒糖でした
オチつかないじゃんかよぉ~o(`ω´*)o
スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 裏あんぱんだ日記, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。